ウェブページ

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
フォト
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

わたしの散歩道

2017年1月 2日 (月)

1月1日の旅の続きと新年ご挨拶

野辺山で朝を迎えました。氷点下10℃くらいかな。そうそう、明けましておめでとうございます。本年も宜しくお願い申し上げます。
Img_4585
今年はほんと雪が少ない。見えている山は男山です。近く見えますが信濃川上駅の先です。1851mあります。
Sp1010053
上は去年のドライブ気分です。かなり積雪ありました。
Img_4589
有名な木。ヤマナシの木です。星野撮影はこの近くで行いました。
Img_4609
八ヶ岳の雄姿です。
Img_4611
幾度となく見てしまいます。
Img_4612
野辺山駅と言ったらやはりここを連想です。
Img_4613
以前数回見学しています。
Img_4615
JR小海線野辺山駅です。「八ヶ岳高原線」の愛称がありますね。
Img_4616
なんか造っていますぞ。 今年は雪が少ないです。
Img_4617
20年以上通い詰めている場所でもこの線には乗ったことがない。
Img_4619
ちょっと先まで行って戻ってくることにしました。
Img_4620
標高最高の表示です。
Img_4623
来ました。小諸行きです。
Img_4624
乗車です。結構お客さん乗っているぞ。
Img_4626
車窓です。山間の秘境の雰囲気結構ありました。
Img_4629
車内の鉄道路線案内です。松本駅中心です。
Img_4634
本当は松原湖まで行って戻る予定でしたが、下りが少々遅れての到着。心配になって手前で降車です。
Img_4635
ここも実は赤岳の最寄り駅なんですね。無人駅で待合室はありますが、暖房無しです。清里駅と野辺山駅でのみスイカでの降車が可能ですが、他は整理券による車内清算になります。
Img_4637
昭和8年小海南線が清里から小淵沢を結ぶ以前は、ここが国鉄最高所だった。昭和10年清里から信濃川上間が開業して清里駅から野辺山駅にその座を譲った。
Img_4638
このシートいい感じです。
Img_4641
上りと下りが野辺山駅で待ち合わせです。ハイブリットの表示がありますが、実は全車両が電気式ではないそうです。尚清里駅は山梨県の最北の駅でもあるそうです。
Img_4647
身曽岐神社に初詣です。すごい人出です。毎年早めに行っていましたが、今回はお昼を過ぎていました。
Img_4651
浦安の舞です。場所は火祥殿です。
Img_4654
甲斐善光寺です。久し振りのお参りです。ここは甲府駅から身延線に乗って金手 (かねんて)、善光寺と二番目の駅が最寄りになります。JR東海になりますね。中央線の一つ先の酒折駅までの間に2つの駅があることになります。
Img_4664
本堂内にあります。むー、渋い。
Img_4666
夜の甲府駅です。泊まらない限り見ない光景です。
Img_4668
上りスーパーあずさを駅構内で待ちます。
Img_4674
立川駅降車時の撮影です。E351車両は間もなく引退です。乗り心地は最高。揺れが少ないです。静かです。制御つき自然振り子装置の効果ですか。最高速度は130km/hです。E353は今春デビューかな。あずさ自体約20年ぶりの乗車でした。あっ、ここは車内販売があります。

2016年9月18日 (日)

横田基地日米友好祭 on Sep.18.

今日は生憎の小雨模様でしたが、漸く友好祭に行くことができました。開会09:00に間に合いました。

Img_2897
"Japan Air Self-Defense Force", つまり航空自衛隊のことです。略して「空自」です。
Img_2828

ハイタッチは和製英語で、一般には、High-five と言われているようです。私もさせていただきましたが、力を加減してくれましたね。

https://youtu.be/cmQiwxZL6rc

Img_2833
快くカメラに笑顔を送ってくれます。
Img_2834
ここは日本 ? と思ってしまいます。因みに今日は千円のステーキをいただきました。焼きたてでまあまあでした。

Img_2848
結構広いんです。ゆっくり歩いても疲れました。
Img_2838

Img_2839
鳥居と日本庭園があります。
Img_2844_2

コックピットです。たくさんの計器で眩暈がしそう。
Img_2845
尋ねたら東京からニューヨークまで40時間掛かるそうです。長いです。
Img_2846

Img_2847
正しく友好祭ですね。
Img_2852

Img_2856
こちらはオーストラリアの旅客機のようです。もちろん軍のものです。確か217名乗れると言っていましたっけ。
Img_2860
我が国の自衛隊の戦闘機です。入間から来ているようです。11月の航空祭も楽しみですね。
Img_2862

Img_2863
The Heiz のロックンロールライブです。トークはあかんでしたがサウンドは良かったです。

https://youtu.be/4pgry8I64lM
Img_2873
"Yokota Strongman Challenge"
Img_2878

Img_2881

昨年の優勝者だそうです。

Img_28921

子供たちも店番です。
Img_2894

基地内を走る貨車です。

2016年9月11日 (日)

ブラジルフェスタ 稲城

JR南武線の稲城長沼駅の高架下で行われました。

Img_2752
いきなり肉の焼ける香りに包まれました。
Img_2755
駅から徒歩1分です。
Img_2759
かわいいサボテン。
Img_2764

「稲城なしのすけ」です。同市のイメージキャラクターだそうです。むむー。

Img_2770
高校生たちでしょうか。幾分涼しくなったとは言えハードな踊りです。
Img_2777
サンバ演奏です。
Img_2779

3人のダンサーも登場して豪華になりました。パイプ椅子に座って食事やお酒をいただきながら行く夏を惜しむようなイベントです。初秋を感じる天候の中、しばらく見入っていました。稲城市もいいところですね。

ところでここ稲城長沼に行くには、JR武蔵野線で終点府中本町まで行き南武線に乗り換えますが、「遺譜 浅見光彦最後の事件」にこんな描写があります。「浅見の知識では、武蔵野線は千葉県の西船橋から発して東京都の府中本町を結ぶ路線のはずだ。その武蔵野線が府中本町駅からさらに南東に延びてきて、多摩川を渡る。浅見は東京のことなら何でも知っているつもりでいたが、知らないことは多いものだ。」これはもちろん貨物線ですよね。武蔵野南線です。普段は貨物専用路線ですが、ホリデー快速鎌倉号が使用しています。また、武蔵浦和から大宮までも、武蔵野貨物線です。しもうさ号が使用しています。但しどちらも利用したことがありません。

2016年9月 4日 (日)

大塚、池袋 on Sep.4th.

今日は思ったより晴れ間が出たのでカメラをお供に外出。

JR山手線の大塚駅と言えば、都電荒川線です。アトレヴィ大塚よりガラス越し撮影です。

Img_2714
実は私の通った高校がその駅から10分程のところにあります。何年振りに見たのか。体育館のあった場所に校舎が....。
Img_2706
さて、大塚を離れ一駅電車移動で池袋はサンシャイン60へ。ここもかなりのご無沙汰。
Img_2720

途中「アニマルルーム」のスタッフがこれはふくろうですね、かなり大きめなのを抱いていました。

Img_2718

Img_2722_2

サンシャインは「巣鴨プリズン」または「巣鴨拘置所」のあった場所。記念碑が隣接する東池袋中央公園にあります。
Img_2724
石碑の裏には、第二次大戦後、極東国際軍事裁判所が課した刑および他の連合国戦争犯罪法廷が課した一部の刑がこの地で執行された........。
Img_2734
展望レストランからの眺めです。やはり高い。
Img_2741

メトロポリタンホテルのちょっと手前、元池袋史跡公園に池袋発祥の地、つまり池があります。
Img_2737

Img_27351 Photo

尚ここは成蹊学園創立の地でもあります。尚池袋と言うと私は「池袋の夜」です。♪ あなたに逢えぬ悲しさに 涙もかれてしまうほど 泣いて悩んで死にたくなるの せめないわ せめないわ どうせきまぐれ東京の夜の池袋 ♪ 青江三奈さんの最大のヒット曲ミリオンセラーでした。

2016年9月 1日 (木)

北千住散歩と東京スカイツリー

今日は北千住界隈の散歩となぜかスカイツリーです。しかし昔の千住の面影はほぼ無いですね。でも裏の路地を歩くと、下町でこれ程多くの商店のある地域は結構珍しいのではないかと思ってしまいます。

Img_2655
千住ほんちょう公園です。
Img_2661

江戸時代に賑わった日光街道、千住宿場の雰囲気を伝えようと作られたそうです。駅西口より徒歩約10分です。

Img_2674_3

「千住街の駅」です。駅から見て上記千住ほんちょう公園の手前にあります。

Img_2666

スタッフが親切に応対してくれました。今日も残暑厳しく冷房の効いた部屋は有り難たかった。千住は幼い頃、父と良く行きました。近くの伊勢屋のソース焼きそばをいただいた記憶があります。ヒントを教えてくれてありがとうございます。
Img_2668
いい雰囲気でしょう。
Img_2671

ご存じお化け煙突です。西新井から北千住行きのバスに乗ると良く見えました。見る角度によって本数が変わって見えるので、その異名が付きました。
Img_2672
昭和29年の北千住駅です。なんか今より風情あると思いませんか。椰子の木なんですね。
Img_2682_2

金蔵寺 (こんぞうじ) です。

Img_2676_3

Img_2677
 建武2年 (1335年) の創建と伝えられています。天保8年 (1837年) の飢饉での餓死者の供養塔と千住遊女の供養塔が有形文化財になっています。

Img_2685
突然ソラマチのNHKショップです。
Img_2686
スカイツリーチケット売り場です。展望デッキまで2,060円です。約1分で到着しますぞ。
Img_2688
やはり東京タワーより高いのだ。
Img_2693

Img_2697

Img_2701

Img_2704

地上は遥か下です。誘惑に負けて昇ってしまいましたが、まあ、こんなものですよね。

2016年8月20日 (土)

8月20日はハムフェアー初日

まずは飯能夏祭りの動画アクセス数総計約280回ありがとうございます。大変嬉しく思います。同地での次回の祭は11月ですね。今から楽しみにしています。

さて今日は言わずと知れた東京ビックサイトでの「ハムフェアー」でしたね。日本短波クラブや他のBCL関係のブースも見られました。OMの赤林氏や林氏にも久々に会え嬉しく思いました。確かにBCL世代の高年齢化は止められない感かありますね。「ラジオの製作」の廃刊もあり、どうもがいても若年層を引き留める方策は無さそうです。

2016年8月 6日 (土)

柴又帝釈天と寅さん記念館

今日も35℃オーバーの暑い中誘われてしまいました。(まあ、自分で行く気になっていたのは確か)

Img_2169
久し振りにJR常磐線金町駅より京成金町線で柴又へ。
Img_2171
柴又駅は寅さんの銅像がありますね。
Img_2177

Img_2189
帝釈天の二天門です。柴又帝釈天は日蓮宗の寺院。正式名称は経栄山 題経寺 (きょうえいざん だいきょうじ)です。創建は江戸時代初期の寛永6年 (1629) で開山は中山法華経寺 (千葉県市川市) 19世の禅那院日忠とされているそうです。

Img_2193
帝釈堂です。
Img_2194
御神水です。
Img_2197

浄行菩薩です。

Img_2208
寅さん記念館の入り口。
Img_2222
古き時代の映画の看板と寅さんの生い立ちがビデオで見られます。

Img_2238

父親と大喧嘩をして家出、20年後に帰ってきた寅さんに驚きの表情のさくらです。
Img_2225
草団子屋ですね。
Img_2232
このセットは本物だそうです。もちろん液晶テレビは別物です。
Img_2240

Img_2247
寅さんと妹諏訪さくらとは腹違いですね。車平造と菊との子が車寅次郎です。さくらはタコ社長の朝日印刷所で働いていた諏訪博と結婚する。
Img_2251

昭和30年頃の柴又の様子。

Img_2268
帝釈人車鉄道が京成金町線の前身なのです。知らなかったです。
Img_2269
金町から帝釈天まで片道5銭の運賃。今なら1,000円程だそうです。
Img_2271

Img_2272
こうやって人が押していたのです。
Img_2283
マドンナ達の素敵な笑顔。癒されます。
Img_2284

佐藤オリエさん、綺麗でしたね。

2016年7月31日 (日)

川越百万灯夏祭りと坂戸聖天宮

まずは「飯能夏祭り」のアップロード動画をたくさんの方々に御覧いただき感謝申し上げます。さて今日は暑い中またまたお出かけです。私の目標として、一年に一度は行きたい観光地として挙げているのは、横浜、鎌倉または江の島、館山、日光です。今年は館山のみです。近々日光に足を踏み入れますか。

Img_2095
東武東上線若菜駅東口からバスで5分ほど。
Img_2097
住まいも疎らな平地に忽然と現れた聖天宮は、坂戸市塚越にある道観(道教社寺)です。EOS6Dのピクチャースタイルを風景にすると炎天下でもマイルドな表現になりますね。<撮影モード▶プログラムAE 絞り▶F10 シャッター速度▶1/400秒 露出補正▶±0 ISO感度▶100 レンズ▶28-75 F2.8 焦点距離▶37mm WB▶オート ピクチャースタイル▶風景>
Img_2099

天門です。

Img_2101

「台湾の伝統宗教、道教のお宮(道教宮観)で、道教の最高神・三清道祖(元始天尊、道徳天尊、霊寶天尊)と道教の神々が祭祀されている」
Img_2106
前殿です。
Img_2114
本殿です。
Img_2119
九龍網 (きゅうりゅうもう) です。

Img_2121
天公炉です。

Img_2109
天井です。
Img_2123
待合室のような部屋です。台湾の雰囲気ですね。
Img_2130
1981年着工で1995年開廟した。現存する道教のお宮としては日本国内大級だそうです。
Img_2144
東武東上線で川越に戻ります。西武本川越駅近くの特設ステージでは、尚美学園大学ミュージックステージで盛り上がっていました。中央の女性ボーカルがステージ終了間際に見せた涙目に私も感涙です。
Img_2150

大音量の伴奏と豊かなハーモニーは暑いのに拘わらず人を釘付けにしますね。<撮影モード▶P 絞り▶F5.6 シャッター速度▶1/250秒 露出補正▶±0 ISO感度▶100 レンズ▶28-75 F2.8 焦点距離▶57mm WB▶オート ピクチャースタイル▶スタンダード> ピクチャースタイルがスタンダードですとメリハリのある表現になります。下記動画です。いいですよ。

https://youtu.be/Z0_KUNkCZ8M

Img_2154

お囃子演奏はやはり祭の定番です。川越百万灯 夏祭り (かわごえひゃくまんとうなつまつり) は、川越藩主で越前松平家8代当主・松平斉典 (なりつね) の遺徳を偲ぶ祭事とのこと。絹織物の大産地だった文化を守る「川越きもの散歩」の活動でゆかた姿のお江戸の祭を楽しみます。
Img_21671

駅前のショッピングビル (アトレマルヒロ) の正時のお知らせです。やはり祭の町、城下町川越です。

2016年7月29日 (金)

東武博物館と浅草寺

今日は梅雨明けのカンカン照りの中、東武博物館と久しぶりの浅草寺に行って来ました。

Img_2007
東武スカイツリーラインの東向島駅舎の隣りです。平成元年5月20日の開館です。
Img_2013
明治31年の英国からの輸入機関車です。
Img_2012

Img_2015
大正13年浅草西新井間の電化に伴い、8両の木造電車が製造されました。
Img_2018

Img_2019

Img_2032
昭和26年製のバスは所謂、ボンネットバスと同じ走り装置 (エンジンシャーシ) を使用。エンジン部分が客席まで張り出しています。
Img_2029

Img_2019_2

Img_2036
東武鉄道の路面電車には、伊香保軌道鉄道と日光軌道線がありました。この写真は後者の方です。<撮影モード▶絞り優先AE▶F3.2 シャッター速度▶1/30秒 露出補正▶+1/3 ISO感度▶1000 レンズ▶28-75 F2.8 焦点距離▶28mm WB▶オート ピクチャースタイル▶スタンダード>
Img_2034

Img_2033

東武日光駅から、神橋、田母沢、清滝等を通過して馬返まで行っていたのですね。その先はケーブルカーとロープウェーで華厳の滝まで行けた。

Img_2059
昭和43年廃止です。

Photo

(八ヶ岳移住計画さんより)

Photo
神橋に残る橋台。(Wikipediaより)

Img_20241_2

昭和26年の東武鉄道路線図から。今より西に軌道線が伸びています。

Img_20241
Img_20242_2
大谷線、会沢線、大叶線等が描かれています。

Img_0111

因みに会沢線はこの佐野線葛生駅の先にあったのですね。

Img_2045
廃止記念の切符です。
Img_2046
鋏こんの種類と設備駅。
Img_2048
大きなジオラマです。一日何回か演出付きで走らせてくれます。ちょうど見ることが出来ました。
Img_2057

日光・鬼怒川線特急車。「ネコひげ」の愛称で親しまれた。団体列車に使用された後、平成3年に廃車されました。
Img_2058

Img_2061

Img_2070

Img_2072
宝蔵門です。
Img_2086
本堂です。
Img_2089

Img_2091
久米平内堂。「江戸時代前期の武士、久米平内の姿を刻んだ石像が納められているお堂。剣術に秀でていた久米平内があやめて来た多くの人を供養するため、浅草寺内の金剛院にて禅に打ち込み、臨終の際その姿を映した石像を多くの人に踏んでもらい罪を償うため、仁王門付近にうめたとの事。その後その石像がこのお堂に納められた。」
Img_2093

2016年7月24日 (日)

浦和まつり-みこし渡御と浦和よさこい

浦和よさこいは、JR京浜東北及び武蔵野線の南浦和駅近くで行われました。

Img_1971
南浦和によさこいとは...ちょっと不思議な組み合わせ。
Img_1978

浦和まつりは、京浜東北線浦和駅西口の中山道で行われました。

Img_1988
狭い道を御輿が行き来する中、出店で飲んだり食べたり、窮屈な会場で更に盛り上がります。文教都市浦和の雰囲気はどこに。威勢のいい声がずっと飛び交いました。
Img_2004