ウェブページ

2021年9月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
フォト
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« 上野東照宮、国立科学博物館と1月25日の受信ログ | トップページ | 井草八幡宮と1月31日の受信ログ »

2018年1月28日 (日)

1月28日の受信ログ

04:39 TWR via Swaziland on 9940kHz in French w/fair and clear.
04:42 R.Hargeysa on 7120kHz w/fair to poor. Local music. 割と確りした信号と変調。
05:00 DWNX on 1611kHz in Tagalog w/fair. ID was heard.  
05:00 DZMM on 630kHz in local language ? w/poor to fair. Female talk.
05:11 Vatican R. on 7365kHz in English w/poor.
05:23 DYAB on 1512kHz in Tagalog w/poor. 以前のようにガツンとはなかなか来てくれません。
07:30 Reach Beyond on 15400kHz in Japanese w/gud. 聖書遊覧バス。
08:00 R.Romania Int. on 7325kHz in English w/fair. -//- 9620kHz w/fair.
08:04 Tajik R.1 on 4765.05AkHz w/poor. やや弱めの入感。
08:07 VOA via Botswana ? on 4930kHz w/vy poor. この時間でも入っているのですね。

BCL-LOOP13 Ver.1については、抵抗の付け方を直しても発振の症状が見られ、困っていたのですが、トランスT1, T2の巻き方に問題があるのかと思い、バイファイラ巻きをきっちりやってみた処その症状は見られなくなりました。むー、そこが問題だったか。今回はしつこく追及しました。そして確かに勉強になりました。しかし基盤は付け直しで汚くなりました。因みに今は中波TRAPを入れていません。
また、BCL-LOOP13 Ver.2に関しては今も正常に稼働しています。
更に時間を追って2機種の違いを観察して行きたいと思います。印象的にはVer.1の方がソフトな受信音に感じています。

20:48 DWNX on 1611kHz in Tagalog w/fair to poor.

« 上野東照宮、国立科学博物館と1月25日の受信ログ | トップページ | 井草八幡宮と1月31日の受信ログ »

受信情報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 1月28日の受信ログ:

« 上野東照宮、国立科学博物館と1月25日の受信ログ | トップページ | 井草八幡宮と1月31日の受信ログ »