ウェブページ

2021年9月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
フォト
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« 日和田山散歩と10月4日の受信ログ | トップページ | 宇都宮散策と10月7日の受信ログ »

2017年10月 5日 (木)

武蔵野市立吉祥寺美術館 (10月6日)

JR中央線吉祥寺駅から5分ほど、コピス吉祥寺A館7階にあります。

Img_8087
ファッション洋品等のモダンな百貨店の上に美術館があります。入館料は全て込みで300円です。
Img_8078
青野文昭展でした。
Img_8079
書籍が高く積み上げられて...
Img_8080
家具の中から手が出て自電車のハンドルを握る。
Img_8082
不思議な世界です。
Img_8083
自動車まで家具の中に...
Img_8084
........
Img_8085
......
Img_8086
空き缶が付いた家具。でも中に居て落ち着く部分は不思議と感じましたね。--- 1968年仙台市生まれ。「修復」をテーマに掲げ、以後今日にいたるまで、空き地や海岸などに打ち捨てられ、傷つき、壊れたものの断片を拾い、その欠損部分を知識と創造力によって「なおす」というスタイルで製作・発表を続けているそうです。 (同美術館のホームページより)
Img_81491
偶には読書の話を。綾辻行人さんはご存知でしょうか。「館シリーズ」が有名ですが、読んで思うのは "よく考えているよなあ" と言うことです。そんな中で、「時計館の殺人」は正しく時計館なのです。えっ、判らないって。そりゃ読んでから納得していただくしかありませんよね。更に「びっくり館の殺人」も捨てがたいです。電車の中での暇潰し(?)に一冊どうぞ。

« 日和田山散歩と10月4日の受信ログ | トップページ | 宇都宮散策と10月7日の受信ログ »

わたしの散歩道 (ミニ旅行) & 読書(雑感)」カテゴリの記事

コメント

毎度です。
最近友人の勧めで木彫りの教室に通うようになったのですが、
彫っている時の姿勢が悪いのか、首に負担がかかるのか、
10日ばかり左の首筋から左肩にかけて痛みが出てしまい、とても憂鬱です。
初心者は、まず簡単な仏像から彫るのですが、中々上手くいきません。

青野文昭さんですか。初めて耳にする方です。
前衛的なアートにも思われますが、意外に温もりを感じてしまう、
表現に困ってしまう作品ですね。
自分の仏像も、アートが感じられる物に仕上がればいいのですが、無理だなー。

ところで1548kHz。今までのマグネチックループを外してしまってからは、オバケの余りの盛大さに、TWRもAUSも、何も聴こえなくなりました。埼玉南部は厳しいですねー。

嶋村さん、ややお久し振りです。
私はアートはさっぱり解らない人です。率直な感想、つまりインスピレーションを大切にしています。青野氏の作品に関してはほんとオブジェの真ん中に居てもあまり違和感がありませんでしたね。たぶん囲まれても就寝できる温かさがあると思うのです。
木彫りの教室ですか。私には「???」でしょうね。でもこんな私でも中学校1年生時にはいい写生画を描いていました。高校時代に偶々母校の中学校に行った時に図画工作の先生に偶然お会いして、学校のアトリエに案内され、私の作品を見せてもらいました。確かに「巧い」んですよ。秋の雰囲気がかなり丁寧に醸し出されていて。そんな自分の小さい才能?を教えて呉れた先生、また月日を経てもこんな私を覚えていてくれた優しい先生に今更ながら感謝しています。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 武蔵野市立吉祥寺美術館 (10月6日):

« 日和田山散歩と10月4日の受信ログ | トップページ | 宇都宮散策と10月7日の受信ログ »