ウェブページ

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
フォト
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« 入間博物館ALITと8月26日の受信ログ | トップページ | 清瀬ひまわりフェスと8月28日の受信ログ »

2017年8月27日 (日)

久々の鋸山と8月27日の受信ログ

04:46 Voice of Nigeria on 9689.9AkHz w/vy poor. The signal was weak and low moduration.
04:52 2MM ? on 1656kHz w/poor. Light music.
05:04 DYAB on 1512kHz in Tagalog w/poor to fair. NA. やはりこの国歌演奏の前に説教のような女性による優しいトークが入りますね。良好。
05:31 Helliniki Radiophonia on 9420kHz in Greek w/poor to fair. modern pops.
05:46 R.Romania Int. on 11850kHz in English w/poor to fair. USB-mode.

登山道入り口は内房線浜金谷駅から15分程歩きます。鋸山はロープウェイや車では何度か登っていますが、徒歩では初めてです。海抜約330mありますが、駅近郊が0mに近いので標高差は山の高さに等しいです。階段があったりしてかなりキツイ登山でしたよ。

Img_7543

登山道入り口はロープウェイとは異なります。フミヲ商店の主人に教えていただいた通リ肉屋と薬局の間を曲がって行きます。「頑張って」の送り言葉が意味深でしたが、それは後で気付くことになります。

Img_7544

内房線のガード下を潜ります。

Img_7545

道は3本に分かれます。私は関東ふれあいの道を選びました。

Img_7547

Img_7548

Img_7549

途中景色が開けます。観月台 (かんげつだい) です。

Img_75501

Img_7559

Img_7555

砕石した石を運ぶための道です。この後石切り場の方に行ったは良いのですが、戻るのに苦労しました。木は倒れて行く手を塞ぐは、急坂で滑りやすいはでかなり体力消耗しました。この探検道では実際だれにも会いませんでした。--- いろいろと調べてみるとこの登山道はツウのルートのようです。

Img_7561

日本寺境内に入らないと地獄のぞきも見られません。巧く出来ています。拝観料は600円です。ご本尊は薬師瑠璃光如来。さて上記掲載の摩崖仏は百尺観音です。お子さんの身長と比較するとその大きさが判ります。

Img_7564

Img_7565

地獄のぞきです。

Img_7572

そこからの景色です。大勢の方が見学していたので待ち時間は約20分でしたか。並んだ経験が無く、やはり夏休み最後の日曜ですし、またクラブツーリズムのツアー客も居ました。<撮影モード▶P 絞り▶F7.1 シャッター速度▶1/100秒 露出補正▶±0 ISO感度▶125 レンズ▶17-35 F4.0 焦点距離▶17mm WB▶オート ピクチャースタイル▶スタンダード>

Img_7575

Img_7576

Img_7581

日本寺大仏です。

Img_7583

Img_7584

日印友好の石碑です。

Img_7587

Img_7588

Img_7591

Img_7592

日本寺鐘です。国指定重要文化財です。

Img_7593

Img_7597

表参道より仁王門を望む。ここは何度も振り返ってしまいました。最高の雰囲気でした。

Img_7599

Img_7601

駅まで1,300mの表示の後、振り向けばこんなに降りていました。

Img_7602

保田駅まで続く鋸山遊歩道がいい。赤とんぼがたくさん飛んでいました。足は痛くてもこの景色は嬉しい !!

Img_7605

漸く保田駅に到着です。登り列車まで少し時間があったので駅前の「御休憩所」と言う食堂で缶ビールをいただきました。あっ、昼食はどうするの。

Img_7606

あの電波塔のような所から降りて来たのですね。今回は3時間半で約6kmを歩いたようです。夏休み最後の日曜とあって多くの方が来ていました。しかし相変わらずおばあちゃんパワーはすごい。非常な元気でした。

« 入間博物館ALITと8月26日の受信ログ | トップページ | 清瀬ひまわりフェスと8月28日の受信ログ »

わたしの散歩道 (ミニ旅行) & 受信情報」カテゴリの記事

コメント

毎度です。
凄いものですねー!これだけのものを岩を切削して造るなんて。
昭和四十年に再び着手し、四年の時を経て完成したようですが、当時はこの両摩崖仏を造るために先ずは搬入搬出路を造る事から始めたのでしょうね。携わった方々のご苦労が偲ばれます。

田辺様、ブログへの返信有難うございます。

鋸山は329mで登山が楽なイメージですが、
3月には滑落されて男女が亡くなるという事故も起きています。

「鋸山で男女の遺体発見 遭難の2人崖から転落か」
千葉日報オンライン 3/15(水) 17:54

15日午前11時25分ごろ、千葉県富津市金谷の鋸山で、いずれも70代とみられる男女の遺体を富津署員が見つけた。同署は、鋸山で遭難したとみて県警などが捜索していた東京都板橋区成増1、無職、鈴木孝之さん(71)と、友人女性とみて身元確認を急いでいる。同署によると、男女の遺体が見つかったのは、山頂付近から北西に約160メートルの高さ約30メートルの崖の下。約5メートル離れいずれもあおむけに倒れていた。
------------------------------------------------------
金谷側から、日本寺の境内に入るのも意外と困難が伴います。
登山が主の目的では無く、大仏や地獄のぞき等の見学が主の場合は、保田側ルートは快適です。
何故なら、日本寺の住所は保田ですからね(^-^)見学するものは、みんな保田側にあります。

宇津木様
コメントありがとうございます。
死亡事故があったのですね。驚きです。まあ、東京の高尾山でもかなりの件数で
事故は発生しているようですが。
トレッキングは簡単に始められますが、注意は怠らないようにしなければ
なりませんね。
情報ありがとうございます。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/559706/65714376

この記事へのトラックバック一覧です: 久々の鋸山と8月27日の受信ログ:

« 入間博物館ALITと8月26日の受信ログ | トップページ | 清瀬ひまわりフェスと8月28日の受信ログ »