ウェブページ

2021年9月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
フォト
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« 堀切菖蒲園と6月5日の受信ログ | トップページ | 両国界隈と6月14日の受信ログ »

2017年6月11日 (日)

鬼子母神、無縁坂と6月11日の受信ログ

04::47 R.Habana Cuba on 15140kHz in English w/fair to poor. Old fashioned Jazz.
04:54 RRI-Palangka Raya on 3325kHz in Indonesian w/fair to poor. Local hit tunes. ID at 05:00.
05:05 R.Voz Missionaria ? on 9665.9AkHz w/vy poor. Music.
05:41 Bible Voice BCN R.Dardasha 7 via Bulgaria on 9400kHz in Arabic w/fair. 楽し気な雰囲気。

Img_6613

都電荒川線で「鬼子母神前停留所」で降りて徒歩2分です。ここのケヤキ並木は、古いもので樹齢約400年です。東京都指定の天然記念物です。

Img_6621

雑司ヶ谷案内処。親切にしていただきました。

Img_6614

歌川広重、「江戸高名会亭尽 雑司ヶ谷之図」 豊島区立郷土資料館蔵。

Img_6617

日本テレビ系で放映された「水もれ甲介」は、都電荒川線のガード下近くの雑司ヶ谷にあった実際の水道店が使われていたそうで、ロケもその界隈で撮影されたそうです。主演石立鉄男、他、原田大二郎、山口いづみらの出演。

Img_6619

案内処の雰囲気です。撮影許可をいただきました。

Img_6620

ボール紙とべニア板で作られた都電荒川線車両とみみずく。むかし母の病気を治すため鬼子母神に祈ったところ、夢に鬼子母神が現れ、「すすきの穂でみみずくを作り、それを売って薬代にしなさい」と告げたと言う。娘がその通リにしたところ、みみずくは飛ぶように売れ薬を購入できたと言う由来。

Img_6623

古今東西、手仕事による生活用品を揃えたお店。

Img_6625

Img_6628

雑司ヶ谷の鬼子母神 (きしもじん) は、永禄4年 (1561) 清土 (せいど 今の文京区目白台) で掘り出された鬼子母神像を天正6年 (1578) に現在の場所に堂を建てて安置したことに始まる。子育て・安産の神として広く信仰を集めています。

Img_66311

大公孫樹 (おおいちょう) は、樹齢約700年と言われ、未だ元気に成長しているそうです。

Img_6632

Img_6633_2

Img_6635

上川口屋です。創業1781年だそうです。

Img_6637

武芳稲荷堂です。倉稲魂命 (うけみたまのみこと) を祀っています。

Img_6641


Img_6647

鬼子母神堂です。

Img_6649

Img_6653_2

Img_66571_2

都電荒川線に乗って更に山の手で上野まで出ます。

Img_6662

「無縁坂」です。上野不忍池西つまり、池之端1丁目から湯島4丁目に繋がる坂のことです。さだまさしさんの同名の歌で有名です。坂の途中に講安寺があります。無縁坂の名は昔無縁寺があったことに由来するそうです。坂の上の方は今は講安寺になっています。「母がまだ若い頃ぼくの手をひいて...」はどうも創作のようてすが、「忍ぶ不忍無縁坂」はやはり名セリフです。

Img_6667

坂の上から撮影。右側の赤い塀は旧岩崎邸庭園です。

Img_6674

ここからは東京スカイツリーが見えるのです。

Img_6672

坂の最後は東京大学の鉄門です。

Img_6677

不忍池の蓮です。広大です。

Img_6681

偶には西郷ドン。

Img_6682

一般の男の子との掛け合いが素晴らしい。疲れていてもなかなか離れ難く、最後にビールを飲んだら帰りました。

« 堀切菖蒲園と6月5日の受信ログ | トップページ | 両国界隈と6月14日の受信ログ »

わたしの散歩道 (ミニ旅行) & 受信情報」カテゴリの記事

コメント

管理人様、先日はメールを頂きありがとうございました。
豊島区雑司ヶ谷、管理人様には庭みたいな場所ではないでしょうか?
このような下町の雰囲気はホッとしますね。街がいいと、人もいいのがこの下町です。
”水もれ甲介”のDVDが写ってますが、まさか案内所にあるとか?
都電のミニチュアも、紙とベニヤ板で作ったとは思えない出来です。

武芳稲荷ですか。いい佇まいですねー。穏やかな朱色がなんとも印象的です。
赤は結構メーカーによって癖があるのですが、これは見た目に近いのでは?
やはり、EOS D6とDIGICの優秀さですかね?とにかくいつも拝見していると、ダイナミックレンジが広い印象を受けます。
私も欲しいなー。ロト7でも当たらないかなー。

嶋村様
いつもコメントありがとうございます。
下町風情はやはり良かったです。遠くを眺めればサンシャインビルが視野を掠めるこの地でこんな暖かさを感じるとは思いませんでした。そうなんです。雑司ヶ谷は実は初めて行きました。
今回はブログ作成途中で寝てしまったのに関わらず、鋭いご指摘をいただき驚いていました。相変わらず"読み"が凄いです。次回からも飽きずにコメントいただきたく思います。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 鬼子母神、無縁坂と6月11日の受信ログ:

« 堀切菖蒲園と6月5日の受信ログ | トップページ | 両国界隈と6月14日の受信ログ »