ウェブページ

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« 大山参詣と3月5日の受信ログ | トップページ | 向島百花園と3月9日の受信ログ »

2017年3月 6日 (月)

久々の千駄木「観潮楼」と3月6日の受信ログ

02:00 R.Bangladesh Betar on 693kHz in Bengali w/poor. News.
02:59 TWR via Moldova on 1548kHz w/poor to fair. IS was heard.
03:00 R.Ukraine Int. on 1431kHz in Russian w/vy poor.
03:10 R.Kuwait ? on 1134kHz in Arabic w/vy poor. Male talk.
04:55 DWUN ? on 1350kHz in Tagalog w/poor to vy poor under MBS Korea. Male talk.
05:03 DZMM on 630kHz in Tagalog w/poor to fair. Male talk. News.
05:25 R.Voz Missionaria on 9664.9AkHz in Portuguese w/vy poor. Religious talk by a male ann.
05:30 R. Boa Ventade ? on 9550.06AkHz w/vy weak.
05:33 R.Marumby ? on 9514.97AkHz w/vy poor. QRM was severe.
05:35 R.RB2 ? on 9724.87AkHz w/vy weak. Sertanego.
05:50 R.Amhara on 6090kHz w/fair. HOM music.
06:20 R.Nacional de Angola on 4949.73AkHz w/vy poor.
06:23 R.Guinea on 9650kHz in French w/poor. この時間浮いて来ました。

再び鴎外記念館を訪れました。雨の降りだしそうな天気でした。そう言えば前回もそうだったかもしれません。今回のコレクション展示は、「死してなお-鴎外終焉と全集誕生」です。大正十一年七月九日午前七時、自宅観潮楼で亡くなりました。自らの不調を自覚しながらも診療を拒み続けた鴎外は、どのような心持ちで最期の日々を過ごしたのでしょうか。
Img_5249
ここは鴎外家族の住居跡に造られました。上野の五重塔ばかりか、遠く東京湾まで望めたそうで、その名の由来になったそうです。
Img_5248
グレーを基調にした建物はシックな感じです。
Img_5251
その当時の敷石がそのまま残っています。その奥に「三人冗語」の石があります。鴎外が開いた歌会には、石川啄木、斎藤茂吉、木下杢太郎なども来会したそうです。でもここは鴎外の祖母を始めご家族とともに生活された住居でもあるわけです。
Img_5252
受付です。<撮影モード▶P 絞り▶F4.0 シャッター速度▶1/30秒 露出補正▶±0 ISO感度▶1250 レンズ▶17-35mm 4.0 焦点距離▶17mm WB▶オート ピクチャースタイル▶スタンダード>
Img_5253
デスマスクが浮き上がります。
Img_5255
モリキネカフェです。落ち着きそうです。60歳で人生を閉じた鴎外は妻にきつく勧められ医者に診てもらいましたが、本人の察し通リ、萎縮腎でした。また、肺結核も患っていたそうです。医者であり、小説家であり、翻訳家でもあった鴎外は近代文学発展に多大な影響を及ぼした一人です。樋口一葉なども鴎外の絶賛に会い日の目を見たひとりでした。

« 大山参詣と3月5日の受信ログ | トップページ | 向島百花園と3月9日の受信ログ »

わたしの散歩道 (ミニ旅行) & 受信情報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/559706/64977561

この記事へのトラックバック一覧です: 久々の千駄木「観潮楼」と3月6日の受信ログ:

« 大山参詣と3月5日の受信ログ | トップページ | 向島百花園と3月9日の受信ログ »