ウェブページ

2021年9月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
フォト
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« 8月31日のログ | トップページ | 9月3日の受信ログ »

2016年9月 1日 (木)

北千住散歩と東京スカイツリー

今日は北千住界隈の散歩となぜかスカイツリーです。しかし昔の千住の面影はほぼ無いですね。でも裏の路地を歩くと、下町でこれ程多くの商店のある地域は結構珍しいのではないかと思ってしまいます。

Img_2655
千住ほんちょう公園です。
Img_2661

江戸時代に賑わった日光街道、千住宿場の雰囲気を伝えようと作られたそうです。駅西口より徒歩約10分です。

Img_2674_3

「千住街の駅」です。駅から見て上記千住ほんちょう公園の手前にあります。

Img_2666

スタッフが親切に応対してくれました。今日も残暑厳しく冷房の効いた部屋は有り難たかった。千住は幼い頃、父と良く行きました。近くの伊勢屋のソース焼きそばをいただいた記憶があります。ヒントを教えてくれてありがとうございます。
Img_2668
いい雰囲気でしょう。
Img_2671

ご存じお化け煙突です。西新井から北千住行きのバスに乗ると良く見えました。見る角度によって本数が変わって見えるので、その異名が付きました。
Img_2672
昭和29年の北千住駅です。なんか今より風情あると思いませんか。椰子の木なんですね。
Img_2682_2

金蔵寺 (こんぞうじ) です。

Img_2676_3

Img_2677
 建武2年 (1335年) の創建と伝えられています。天保8年 (1837年) の飢饉での餓死者の供養塔と千住遊女の供養塔が有形文化財になっています。

Img_2685
突然ソラマチのNHKショップです。
Img_2686
スカイツリーチケット売り場です。展望デッキまで2,060円です。約1分で到着しますぞ。
Img_2688
やはり東京タワーより高いのだ。
Img_2693

Img_2697

Img_2701

Img_2704

地上は遥か下です。誘惑に負けて昇ってしまいましたが、まあ、こんなものですよね。

« 8月31日のログ | トップページ | 9月3日の受信ログ »

わたしの散歩道 (ミニ旅行)」カテゴリの記事

コメント

またまた毎度です。
金蔵寺には悲しい歴史があるのですね。供養塔は色々な土地で目にすることがありますが、南浦和駅東口から北に4~5分歩くと、やはり道路のすぐ脇に観音像と供養碑が建っています。内容はかなりショッキングなものですよ。怨念がこの現代にまで及んで、ある一族を苦しめているとか何とか書かれています。

スカイツリー。一度は展望台からの眺めを体験したいですね。NHKのキャラクターショップがあることも、氏が写真をアップして下さるまで知りませんでした。スカイツリーが放送塔であることも再認識です。
しかし、画像がシャープだ~。

追伸
氏の写真を拝見しているうちに、フルサイズセンサーのデジ一眼が欲しくなってしまい、
とうとう買ってしまいました。と言っても6Dを購入する余裕はないので、なんと5Dです。5D MarkIIでもよかったのですが、動画は必要ないし、安く上げたかったので。今日何枚か撮ってきましたが、結構操作系にまごついています。

嶋村様、こちらこそ毎度です。
5D購入しましたか。これから撮られた写真を拝見するのが楽しみですね。
北千住の裏路地は非常に魅力的でした。また、南浦和の観音像了解です。詳しい場所を教えて下さい。今度見に行って来ます。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 北千住散歩と東京スカイツリー:

« 8月31日のログ | トップページ | 9月3日の受信ログ »