ウェブページ

2021年9月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
フォト
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« 柴又帝釈天と寅さん記念館 | トップページ | 8月11日の受信ログ »

2016年8月 7日 (日)

日光霧降高原と東照宮 (桐油蒔絵) そして8月7日の受信ログ

まだ外壁工事中です。8月いっぱいの予定とか...。
05:06 DYAB on 1512kHz in Tagalog w/poor. ID was confirmed. 遅い開始ですね。
今日は久々の日光です。午前中は観光客は少なめですが、午後になると...。

Img_2360

Img_2288
駅前よりバスで移動。約20分ほどで霧降高原レストハウスです。
Img_2292
キスゲ平から太平洋が望める!?
Img_2296
赤とんぼが人懐っこい。人の少ない地域では大方そうですね。
Img_2299
マルバダケブキでしょうか。
Img_2300
ニッコウキスゲは終わっていました。7月頃までですね。
Img_2302

これが結構きつい。キスゲ平までは持たなかった。雲も出て来し。
Img_2311
チダケサシ??
Img_2313
ソバナですかね。
Img_2323
バスで高原から少し降りて霧降の滝。
Img_2341

小学校の林間学校以来の観望か。こんな感じでしたっけ。記憶がまるで無い。

Img_2351

Img_2361
次は日光市内です。日光山輪王寺は修復工事中。
Img_2377
観光客の多い東照宮です。浅草ほどではないですが、やはり外国人観光客が非常に多いです。
Img_2380
この彫刻はレプリカです。どうも綺麗過ぎた!? ここも修復中。
Img_2408
将軍でないと参拝できない奥宮拝殿を通って裏の鋳抜門 (いぬき) から家康の墓に行ったのでしょうか。もちろん我々はそんな事はできません。
Img_2412
家康が眠っている宝塔です。最近はなにやら色の違う人類が多いと思っているのかも。

Img_2417
日光東照宮の平成の大修理で陽明門の西の側面から鶴や松が描かれた桐油蒔絵 (とうゆまきえ) が217年ぶりに姿を現した。1636年 (寛永13年) 陽明門創建時に描かれたもので、1796年 (寛政8年) 直射日光の劣化を防ぐため、牡丹唐草の彫刻で覆われていた。
Img_2418
6年後の修復完了時に一般公開するかどうかは検討中とのこと。
Img_2423
陽明門はまだちょっと時間がかかりそう。早い修復を祈って今回はこれをベストショットとします。<撮影モード▶絞り優先AE 絞り▶F3.5 シャッター速度▶1/160秒 露出補正▶±0 ISO感度▶100 レンズ▶28-75 F2.8 焦点距離▶47mm WB▶オート ピクチャースタイル▶風景>
Img_2425
神橋 (しんきょう) です。因みにこの写真はバスの中からの撮影です。判りませんよね。
Img_2427
旭屋食堂のゆば御前です。1,200円です。地酒はもちろん別です。
Img_2430

朝早いとなかなかエンジンが掛らない私です。今回も霧降の滝バス停で何度も降車するかしないか迷いました。また、輪王寺では腹痛を訴えそのまま帰っても仕方がないと思っていましたが、結局東照宮まで足を延ばしていました。やはり日光は偉大です。また行きます。尚交通機関に特急は使用していません。JR武蔵野線南越谷まで定期券が有効ですので、今回も新越谷から南栗橋、栃木と来て、快速に乗り換えています。片道1,000円ちょっとの乗車賃です。

« 柴又帝釈天と寅さん記念館 | トップページ | 8月11日の受信ログ »

わたしの散歩道 (ミニ旅行) & 受信情報」カテゴリの記事

コメント

おはようございます。
大規模修繕、あと一月の我慢ですね。
私は新しい局の受信もなく少々マンネリ気味です。

BCL大好きオヤジさん、コメントありがとうございます。
最近は御覧の通り外出三昧になっています。家に居ても何も聞けないしウィークデーは工事作業の音はするしで困ってしまいます。
話は変わって良く登場する貴殿の545。やはりあれは名機ですよね。いつも羨ましく写真を拝見しています。

本当にタフですね!私も見習わないとです。
霧降高原は写真で拝見しているだけですが、一服の清涼剤に値しますよ。
滝もいい感じですねー。周りの木々も素晴らしいです。
東照宮周辺は、大学時代のゼミの定宿がありましたので懐かしいです。
さて、次回は何処へ?(楽しみです!)

嶋村様、毎度です。
私もよく続いていると自ら感心しています。
日光はやはりいいです。おいしい空気と風光明媚な景色と歴史探索と...。毎年一回はお邪魔すると心に決めています。
そんな中、今回の霧降高原は小学生以来です。こんなところでしたっけと思いました。もちろん素晴らしいスポットですが、記憶にないのが自分としては寂しいです。
初めての家族旅行で今は亡き父が東照宮参道でカメラを落としたり、妻との旅行で旭屋食堂のゆばラーメンを食べたり、真冬の湯元温泉での天体観望等々、結構思い出の多いところです。
でも今回は暑かった。高原では少しは涼しかったです。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日光霧降高原と東照宮 (桐油蒔絵) そして8月7日の受信ログ:

« 柴又帝釈天と寅さん記念館 | トップページ | 8月11日の受信ログ »