ウェブページ

2021年9月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
フォト
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« 東武博物館と浅草寺 | トップページ | 柴又帝釈天と寅さん記念館 »

2016年7月31日 (日)

川越百万灯夏祭りと坂戸聖天宮

まずは「飯能夏祭り」のアップロード動画をたくさんの方々に御覧いただき感謝申し上げます。さて今日は暑い中またまたお出かけです。私の目標として、一年に一度は行きたい観光地として挙げているのは、横浜、鎌倉または江の島、館山、日光です。今年は館山のみです。近々日光に足を踏み入れますか。

Img_2095
東武東上線若菜駅東口からバスで5分ほど。
Img_2097
住まいも疎らな平地に忽然と現れた聖天宮は、坂戸市塚越にある道観(道教社寺)です。EOS6Dのピクチャースタイルを風景にすると炎天下でもマイルドな表現になりますね。<撮影モード▶プログラムAE 絞り▶F10 シャッター速度▶1/400秒 露出補正▶±0 ISO感度▶100 レンズ▶28-75 F2.8 焦点距離▶37mm WB▶オート ピクチャースタイル▶風景>
Img_2099

天門です。

Img_2101

「台湾の伝統宗教、道教のお宮(道教宮観)で、道教の最高神・三清道祖(元始天尊、道徳天尊、霊寶天尊)と道教の神々が祭祀されている」
Img_2106
前殿です。
Img_2114
本殿です。
Img_2119
九龍網 (きゅうりゅうもう) です。

Img_2121
天公炉です。

Img_2109
天井です。
Img_2123
待合室のような部屋です。台湾の雰囲気ですね。
Img_2130
1981年着工で1995年開廟した。現存する道教のお宮としては日本国内大級だそうです。
Img_2144
東武東上線で川越に戻ります。西武本川越駅近くの特設ステージでは、尚美学園大学ミュージックステージで盛り上がっていました。中央の女性ボーカルがステージ終了間際に見せた涙目に私も感涙です。
Img_2150

大音量の伴奏と豊かなハーモニーは暑いのに拘わらず人を釘付けにしますね。<撮影モード▶P 絞り▶F5.6 シャッター速度▶1/250秒 露出補正▶±0 ISO感度▶100 レンズ▶28-75 F2.8 焦点距離▶57mm WB▶オート ピクチャースタイル▶スタンダード> ピクチャースタイルがスタンダードですとメリハリのある表現になります。下記動画です。いいですよ。

https://youtu.be/Z0_KUNkCZ8M

Img_2154

お囃子演奏はやはり祭の定番です。川越百万灯 夏祭り (かわごえひゃくまんとうなつまつり) は、川越藩主で越前松平家8代当主・松平斉典 (なりつね) の遺徳を偲ぶ祭事とのこと。絹織物の大産地だった文化を守る「川越きもの散歩」の活動でゆかた姿のお江戸の祭を楽しみます。
Img_21671

駅前のショッピングビル (アトレマルヒロ) の正時のお知らせです。やはり祭の町、城下町川越です。

« 東武博物館と浅草寺 | トップページ | 柴又帝釈天と寅さん記念館 »

わたしの散歩道 (ミニ旅行)」カテゴリの記事

コメント

毎度です。管理人様、なんとパワフルなこと!!
しかしながらこの聖天宮、私も前々から訪れてみたいと思っていた場所なんです。
建物、色彩が独特で、一度写真で見れば忘れられない、それほどインパクトが強いです。
写真を拝見すると、EOS6Dの凄さが分かります。色数の多さ、細かい彫り物の描写をこれほど精細に捉えることは、同等のレンズを持ってしても私が所持しているPENTAX K-7では再現できませんよ。やっぱり世界のCANONだなー。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 川越百万灯夏祭りと坂戸聖天宮:

« 東武博物館と浅草寺 | トップページ | 柴又帝釈天と寅さん記念館 »