ウェブページ

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
フォト
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« 2016年5月 | トップページ | 2016年7月 »

2016年6月

2016年6月29日 (水)

6月29日の受信ログと東松山市観光

04:32 RRI-Toli Toli ? on 1377kHz in Indonesian w/vy poor to poor. Local pop tunes. 今朝は拙宅比ではかなり良い方です。

04:37 漁業広播電台 on 1593kHz w/poor to vy poor. Local popular song.
04:40 RRI-Nabire ? on 729kHz w/vy poor under NHK-Nagoya.
Img_1329
東武東上線の東松山の駅舎です。
Img_1331
まずは駅から歩いてすぐの「箭弓稲荷神社」 (やきゅういなり) です。創建は、和銅五年 (712年) と伝えられています。
Img_1341
宇迦之御魂社 (團十郎稲荷・穴宮) です。芸能向上・技術向上の守り神だそうです。七代目市川團十郎が奉納された祠があるそうです。
Img_1346

Img_1349

Img_1351

Img_1352
二枚目は日中シンクロです。背景も浮き上がって来ました。<撮影モード▶AE 絞り▶F3.2 シャッター速度▶1/125秒 露出補正▶±0 ISO感度▶250 レンズ▶28-75 F2.8 焦点距離▶63mm WB▶オート ピクチャースタイル▶スタンダード シンクロタイミング▶先幕シンクロ>
Sp90ex
小さくても補助光としては十分威力を発揮してくれます。
Img_1359
本堂を囲いの隙間から撮ってみました。
Img_1363
駅東口でちょっと焼き鳥を。ここではやはり食べないといけません。
Img_1371
電車でひとつ戻って高坂駅よりバスで5分ほどの「大東文化大学」で降車、徒歩10分くらいです。正法寺 (しょうほうじ) です。一般には巌殿観音の通称で知られている。
Img_1374
この苔むした感じ。予想通りです。
Img_1380

Img_1388

Img_1390
近づくと更に古刹の雰囲気。
Img_1392
本堂です。
Img_1393
岩殿観音は坂東札所です。戦国時代には武田勢の松山城攻めの時の本陣が置かれたと
言うことです。
Img_1386
かつての門前町の名残を感じます。梵鐘の脇から忽然と現れた一本の道。福島県の大内宿や埼玉の越生町を連想させます。
Img_1378
丁字屋旅館も今は廃業のようです。
Img_1395

Img_1401
大銀杏です。

2016年6月25日 (土)

豪徳寺、世田谷八幡宮、世田谷城址公園、区立郷土資料館と6月25日の受信ログ

05:00 DYAB on 1512kHz in Tagalog w/poor to vy poor. National Anthemn.

05:06 RNZI DRM on 11690kHz in English w/fair sometimes. 相変わらず外壁工事に付き復調厳しいです。
Img_12461
KNLS Anchor Point, Alaska on  9615kHz by air mail in 89 days. The 25th anniversary of the National Association of Shortwave Broadcasters.
Img_13191
久し振りの東急世田谷線です。カラーは他にレッドとブルーかな。三軒茶屋駅です。(一部トリミング)
Img_1257
世田谷八幡宮です。宮の坂駅よりすぐです。
Img_1260
本堂です。
Img_1261
相撲土俵です。江戸郊外三大相撲の一つとされていた。
Img_1262
女性が土俵に紙袋を持って近づいて行ったので不可思議に思っていると、檻の上から餌を撒き始めました。カモが5羽いました。
Img_1265
豪徳寺は松並木の奥です。
Img_1268
武藏吉良氏が居館とし、天正18年(1590年)の小田原征伐で廃城となった世田谷城の主要部だったとされる。
Img_1269
井伊直弼のお墓があります。
Img_1273
三重塔です。<撮影モード▶AE 絞り▶F3.2 シャッター速度▶1/400秒 露出補正▶±0 ISO感度▶100 レンズ▶28-75 F2.8 焦点距離▶28mm WB▶オート ピクチャースタイル▶オート>
Img_1275
<撮影モード▶AE 絞り▶F3.2 シャッター速度▶1/250秒 露出補正▶+1/3 ISO感度▶100 レンズ▶28-75 F2.8 焦点距離▶28mm WB▶オート ピクチャースタイル▶オート>
P7050002

以前訪れた時の写真です。コンパクトカメラです。(2012/07/05)
Img_1278

直弼の墓石です。
Img_1280_2
合掌です。 ちゃんと最近の法事の卒塔婆も立ててあります。いづれにしても偉大な方でした。 
Img_1282
ここは彦根藩主井伊家菩提寺ですので、錚々たるメンバーが眠っています。
Img_1288
本堂です。
Img_1290
ちょっとしたガラス部分から撮っちゃいました。中で作業中ですね。ここら辺はフィルムカメラのできない技です。右上に微かにガラスによる反射を確認できます。
Img_13241
御朱印帳を購入しました。記入も含めて1,500円です。さすがに招き猫発祥の地とされるだけあって手で招いていますね。
Img_1295
豪徳寺境内はどこも美しい景観が保たれて、歩くごとに感動を呼びます。二度目の訪問です。それまで幾つの寺院を訪れたのか定かではありませんが、ここの美観には今更ながら感動ものでした。
Img_1298
<撮影モード▶AE 絞り▶F25 シャッター速度▶1/40秒 露出補正▶±0 ISO感度▶1600 レンズ▶28-75 F2.8 焦点距離▶28mm WB▶オート ピクチャースタイル▶オート> 意味の無い絞りでした。
Img_1297
<撮影モード▶AE 絞り▶F3.2 シャッター速度▶1/320秒 露出補正▶±0 ISO感度▶100 レンズ▶28-75 F2.8 焦点距離▶28mm WB▶オート ピクチャースタイル▶オート>
Img_1293
かわいい物が飾ってあります。受付のお姐さん、ご朱印他親切にありがとうございます。また、美人三人姉妹さん?もお元気で。
Img_1302
世田谷城跡です。
Img_1304
Img_1305

Img_1314
井伊直弼です。世田谷郷土資料館内です。吉村昭の小説「桜田門外の変」に描写されている以外に次の事が説明されていました。桜田門の襲撃の際、激しい吹雪のため、供方の者たちは雨合羽を着ていた上、刀には雨水浸透防止用の柄袋をつけていたので、自由に立ち振る舞いが出来ず、18人ばかりの敵に事を成させてしまった。ほんの僅かな時間であったと言う。領主・井伊直弼暗殺は世田谷領20ケ村の人々をも震撼とさせた一大事件であった。(ガラスの反射を避けるためやや斜めの写真となりました)
Img_1248

12:00発特急スーパーあずさ15号です。ちょっと新宿駅でブラブラと見に足を運びました。ここのホームだけ駅弁ショップが複数軒あります。たまには乗りたいです。E351系は、制御つき自然振子方式を採用し、曲線区間でのスピードアップを実現しました。新型のE353は、来年です。

2016年6月23日 (木)

6月23日のログ

Photo_2
有川浩さんの小説です。テレビドラマ化もされましたね。空自について、「勇猛果敢・支離滅裂ですね。航空自衛隊の性質を言い表したとされている言葉です」「支離滅裂ってけっこう痛烈ですけど、悪口ではないんですか?」「いや、からかっている程度の意味合いじゃないですかね。あるいは自虐ギャグ」航空幕僚監部広報室の空井二尉と帝都テレビ稲葉リカの会話。
「統幕や内局まで全部ありますよ。陸は用意周到・動脈硬化。海は伝統墨守・唯我独尊。統幕は高位高官・権限皆無。内局は優柔不断・本末転倒.....だったかな」
あの日 (3.11) の松島から......
取材に行った松島基地で、「どんなにか打ちのめされてるでしょうに、現場に戻りたいって.....すみません」広報班長が俯いて目頭を押さえた。まるで黙祷のようにも見えた。
淡々と話しながら突然崩れる者がその日だけで何人もいた。例外なく「すみません」と詫びるところも同じだ。

2016年6月21日 (火)

6月21日の受信ログと駒場公園

04:43 ABC Northern Territory on 2485kHz in English w/fair. //2325kHz, 4835kHz.

05:00 R.Biafra on 11700kHz in English w/fair. Using DE1103 with rod antenna outside. Telephone talk.
05:05 DYAB on 1512kHz in Tagalog w/vy poor. Male announcer speaking loudly.
今日は東京は目黒区にある日本近代文学館に行って来ました。渋谷から井の頭線で2個目の駒場東大駅です。徒歩5分ほどです。
Img_1227
駒場公園は、侯爵前田利為 (としなり、旧加賀藩主前田本家第16代目当主) の邸宅が残されています。ここはその和館です。雨の降る日でしたが、逆にいい演出になりました。
Img_1229
プラス補正すると画像全体が不自然に飛んでしまいます。ニコンF90Xの測光とはかなり違いますね。(いろいろと試しています) EOS6Dの実力を感じた撮影でした。
Img_1228
最初の一葉と比べて、これでは少し不自然です。1/3程度でも良かったかもしれません。<撮影モード▶AE 絞り▶F3.5 シャッター速度▶1/40秒 露出補正▶+1 ISO感度▶125 レンズ▶28-75 F2.8 焦点距離▶28mm WB▶オート ピクチャースタイル▶スタンダード>
Img_12281
上記補正して見ました。どうでしょうか。
Img_1238
いい感じの和室です。
Img_1242
日本近代文学館のエントランスです。受付女性にはお世話になりました。
Img_1243
以前行った際は月曜日に訪ねてしまい徒労に終わりましたが、今回は展示室の模様替えで見学不可でした。余程縁がないのかと自分でもかなり凹みました。
Img_1244

喫茶室「BUNDAN」です。奥の本棚が地震が来たらどうするのかと余分な心配をしてしまいます。次回は間違いのないように訪れたいです。

2016年6月19日 (日)

6月19日の受信ログ

相変わらず拙宅では外壁工事中です。

05:30 R.Biafra on 11700kHz, ZBC on 11735kHz, R.Sanna on 11860kHz w/fair using DE1103 with rod antenna. 外で聞きました。きれいに聞こえていました。(音量にお気を付け下さい)

                 

 

2016年6月18日 (土)

6月18日の受信ログと江戸東京たてもの園

04:55 R.Hargeysa ? on 7120kHz w/vy poor. 微かに音程度です。

今日は東京都小金井市にある「江戸東京たてもの園」に行って来ました。最寄り駅はJR中央線の武藏小金井駅ですが、バスに乗って5分、そして徒歩5分程です。小金井公園の中を通って行きます。墨田区にある江戸東京博物館の分館だそうです。

Img_1106
昭和15年に行われた紀元2600年式典のために仮設された式殿です。(旧光華殿) ビジターセンターになっています。
Img_1122
三井同族十一家の総領家、三井八郎右衛門高松氏の戦後の住宅。財閥解体後の麻布の住まいのようです。
Img_1123

Img_1124

Img_1127

このシャンデリアの右側がご仏壇になっています。一つの部屋です。

Img_1128
応接室でしょうか。ここの復元された家屋は兎に角広かったです。
Img_1152

Img_1153
明治から昭和のはじめにかけて政治を担った高橋是清の住まいの主要部分です。書斎と寝室に使われていた2階で早朝、寝間着姿で布団に座っていた是清に銃弾を浴びせ、軍刀で切り付けた。いわゆる 2・26事件です。
Img_1155
市民から「ダルマさん」と親しまれていた。
Img_1156
お孫さんとの写真、心に沁みます。
Img_1160
この部屋です。たぶん手前の間。
Img_1176
今回の訪問ではここが一番印象的でした。暑かったですけどね。
Img_1186
アサヒビール缶をいただいてからの撮影。大丈夫かしら...。右側は大和屋本店、乾物屋さんです。港区白金台に建てられたもの。
Img_1190
式居三省堂です。書道用品の卸の店です。所狭しと収納場所があります。
Img_1189
説明員の方と記念撮影。 (撮影協力ありがとうございました) 手前の展示台の下に地下への入口があります。

Img_1188

ちょっと見辛い絵になりました。さすがにマニュアルフォーカスです。<撮影モード▶AE 絞り▶F3.5 シャッター速度▶1/40秒 露出補正▶±0 ISO感度▶6400 レンズ▶28-75 F2.8 焦点距離▶48mm WB▶オート ピクチャースタイル▶スタンダード>

Img_1197
子宝湯です。
Img_1198

Img_1199
金額がいいでしょ。東京都の公衆浴場の料金は今、460円です。
Img_1200

Img_1129
八王子千人同心組頭の家です。八王子に配備された徳川家の家臣団です。
Img_1130

Img_1132
本当に火を焚いています。担当の方は汗だくだくです。
Img_1133

Img_1134

Img_1145

デ・ラランデ亭です。元は平屋の洋館でしたが、ドイツ人建築家ゲオルグ・デ・ラランデにより3階建てに増築されました。中は一部喫茶室になっています。

Img_1214
天明家の家です。農家ですが、江戸時代鵜ノ木村 (今の大田区内) で名主役を務めた旧家。
Img_1211

暖かみのある造りです。江戸東京たてもの園の入場料は400円です。全体をひと回りしますとかなりの距離になります。<撮影モード▶AE 絞り▶F3.5 シャッター速度▶1/30秒 露出補正▶±0 ISO感度▶1600 レンズ▶28-75 F2.8 焦点距離▶33mm WB▶オート ピクチャースタイル▶スタンダード>

Img_1223

売店の写真です。

21:37 ABC-4QD ? on 1548kHz in English w/vy poor to fair. 上がって来ると良好です。この周波数は混変調の坩堝なので、いつもはダメなのですが、今回は聞けました。

2016年6月15日 (水)

6月15日の受信ログ

04:41 Unid on 1377kHz w/vy poor. Talk.

04:50 R.Candip Bunia on 5066.39AkHz w/vy vy poor. No QRM.

2016年6月14日 (火)

6月14日の受信ログと竹林公園、傷痍軍人東京療養所

04:42 ABC Northern Territory on 2485kHz in English w/fair to poor.

04:57 ZBC on 11735kHz w/poor to fair. Local music.
Img_1068
今日は西武池袋線東久留米駅で下車です。
Img_1070
竹林公園は東久留米市に位置し、駅から徒歩10分程です。新東京百景に選ばれ、約2000本の孟宗竹 (もうそうだけ) は圧巻でした。
Img_1083
この雰囲気最高ですよね。
<撮影モード▶AE 絞り▶F3.5 シャッター速度▶1/60秒 露出補正▶±0 ISO感度▶100 レンズ▶28-75 F2.8 焦点距離▶40mm WB▶オート ピクチャースタイル▶風景>
Img_1077
あっちもこっちも竹竹竹。
Img_1086
ここは湧水池でもあるようです。ただ蚊に悩まされ撮影に没頭できませんでした。
Img_1080
流石に平日の昼過ぎ。誰も居ませんでした。   
Img_1088
国立病院機構東京病院は、清瀬駅からバスですぐの所にあります。設立当初は結核療養を目的とし、通称「清瀬の療養所」と呼ばれていました。今は結核以外が診療科目になっています。
Img_1090

Img_1092

Img_1094

Img_1095
「再起奉公」の碑です。不治の病にあってもお国の為に身を捧げる決心でいたのですね。
Img_1097
独立行政法人国立病院は結核を患った軍人のサナトリウムでした。結核治療の根本的な治療方法の見出せなかった時代に、きれいな空気の中で簡単な作業療法を行いながら自然回復を期待した施設でした。
Img_1098
以前は見学可能だったようですが、今は家屋の経年劣化で危険なのか、ロープが張ってありました。それならそれで駅近辺の案内や市のホームページは注意書きを添えるべきです。→ この件に付きましては、清瀬市企画部秘書広報よりご解答をいただき説明書きを追加して下さるそうです。
Img_1101
心の安らぎの場所だったのでしょう。
Img_1102
板張りの部屋に粗末なベッド。ここで気の遠くなる療養をしていたのですね。

2016年6月13日 (月)

6月13日の受信ログ

02:01 R.Bangladesh Betar on 693kHz in Bengali w/poor. News by a male ann.

02:07 RRI-Nabire ? on 729kHz w/vy poor. Quran.

03:00 RRI-Toli Toli ? on 1377kHz w/vy poor to poor. Male talk mainly.

2016年6月12日 (日)

6月12日の受信ログと堀切菖蒲園

04:50 R.Oromiya on 6030kHz w/poor. Local song.

05:02 DYAB on 1512kHz w/vy poor to poor. National Anthemn. 外壁工事で状態悪くても同局は聞こえてきます。

05:14 R.Marumby ? on 9514.98AkHz w/vy poor. 厳しい状態です。

05:32 R.Hargeysa ? on 7120kHz w/vy poor. Maybe extended broadcast for Ramadan. 
今回のNHK Worldの"Trails to Tsukiji"は、いい感じですね。テーマは「TAKENOKO」です。リポーターも出演された方々も皆素晴らしいです。http://www3.nhk.or.jp/nhkworld/en/vod/tsukiji/20160608.html
今日は堀切菖蒲園に行って来ました。JR山の手線上野か日暮里駅で京成線に乗って堀切菖蒲園で降ります。徒歩10分程で到着です。混んでいました。
Img_1027
言わずと知れた花菖蒲の名所です。入園料無料なのは有り難いですよね。本日のベストショットです。
<撮影モード▶AE 絞り▶F3.5 シャッター速度▶1/1250秒 露出補正▶±0 ISO感度▶100 レンズ▶28-75 F2.8 焦点距離▶75mm WB▶オート ピクチャースタイル▶スタンダード>
Img_1002
<撮影モード▶AE 絞り▶F3.5 シャッター速度▶1/1600秒 露出補正▶±0 ISO感度▶100 レンズ▶28-75 F2.8 焦点距離▶57mm WB▶オート ピクチャースタイル▶風景>
Img_1008

Img_1012

Img_1013

Img_1015

Img_1031
<撮影モード▶AE 絞り▶F3.5 シャッター速度▶1/640秒 露出補正▶±0 ISO感度▶100 レンズ▶28-75 F2.8 焦点距離▶44mm WB▶オート ピクチャースタイル▶風景>
Img_1038

Img_1058
葛飾菖蒲祭の最中でした。
Img_1059
緑艶やかな着物に惹かれました。カメラマン達が現在進行中の踊り子にレンズが向いている中、こっそりと待機中の方々に注目です。
<撮影モード▶AE 絞り▶F3.5 シャッター速度▶1/640秒 露出補正▶±0 ISO感度▶100 レンズ▶28-75 F2.8 焦点距離▶75mm WB▶オート ピクチャースタイル▶風景>
正直昨日の仕事疲れの残る中、そこそこの撮影成果に満足しています。そろそろ祭りのシーズン到来ですね。Heat and humidityの中頑張ります。途中でプハーと一杯遣りますけど。

2016年6月 8日 (水)

6月8日の受信ログと古河市散策

02:59 DZXL on 558kHz in Tagalog w/vy poor to poor. ID was heard.
02:59 DZRH on 665.925AkHz in Tagalog w/poor.
03:05 Taiwan Fishery station on 1593kHz w/poor to fair. CNR1 on the same freq signed off at 03:05, then clear channel.
03:09 RRI-Toli Toli ? on 1377kHz in Indonesian w/poor. Male talk. この時間のみ結構浮いていました。
03:10 Unid in unknown language on 1512kHz w/poor to fair. Male talk. ちょっとの間だけ浮いていました。
04:45 R.Candip Bunia on 5066.39AkHz w/vy poor. 信号は強めですが、OTHも唸っています。
05:18 DYAB on 1512kHz in Tagalog w/poor to vy poor. 夏至近くではこの時間の中波は厳しいです。
Img_0947
今日はJR宇都宮線で茨城県の古河駅に出ました。電車で行くのは初めてです。
Img_0994
日光街道古河宿の旗がひらめいていました。観光に力を入れています。
Img_0952
古河藩使者取次址です。参勤交代や日光参詣で通行する大名が、古河城主に敬意を表すための挨拶役の使者を接待し、ご馳走を振る舞う場所の事です。
Img_0959
古河文学館です。古河城の諏訪曲輪(出城)跡地に建てられたものです。
Img_0960
鎌倉や小田原もそうですが、どの文学館も木々の中の佇まいが和ませてくれます。
Img_0963
平成10年開館だそうで、サロンの中は非常に良い感じの佇まいです。
Img_0967
奥には囲炉裏が見えます。
撮影モード▶P 絞り▶F2.8 シャッター速度▶1/30秒 露出補正▶±0 ISO感度▶400 レンズ▶28-75 F2.8 焦点距離▶28mm WB▶オート ピクチャースタイル▶オート
Img_0968
その囲炉裏です。 これだけ寛げる文学館も珍しいと思います。
Img_0973
蓄音器によるSPレコード鑑賞です。無料で聞けます。オーケストラによる歌です。いいですよ。尚入場料は200円です。古河出身の歴史小説家・永井路子ゆかりの品々と代表作品や詩人粕谷栄市の草稿等が展示してありました。
Img_0976
古河歴史博物館です。ここの佇まいも素晴らしい。足尾銅山の公害の関係で渡良瀬遊水地になった廃村の谷中村 (やなかむら) の事や奥東京湾の近くだったので貝塚が発見されている事。古河藩藩医だった河口家の実績紹介等まあまあ面白かったです。日本初の人体解剖は河口信任 (しんにん) によって行われました。
Img_0978_2
古河城出城諏訪曲輪跡の碑です。
Img_0982
歴史博物館の入り口近くのオランダ製のストリートオルガンです。唯一撮影が許可されたものです。入場料は400円です。
撮影モード▶P 絞り▶F2.8 シャッター速度▶1/40秒 露出補正▶±0 ISO感度▶5000 レンズ▶28-75 F2.8 焦点距離▶35mm WB▶オート ピクチャースタイル▶オート
Img_0985
家老として藩主土井利位 (つちいとしつら) に仕えた古河藩士の鷹見泉石 (たかみせんせき) の記念館です。
Img_0990
晩年の住まいだそうです。
Img_0992
落ち着きますね。因みに無料です。まだまだ見るべき所があるようで、また再び足を向けます。
Img_0999
大宮そごうに隣接するビッグカメラのオーディオコーナーです。ペアで45,000円程度の左端のスピーカーは、いい音していました。ピアノの響き最高。コンパクトなのも惹かれます。
<撮影モード▶P 絞り▶F2.8 シャッター速度▶1/40秒 露出補正▶±0 ISO感度▶160 レンズ▶28-75 F2.8 焦点距離▶28mm WB▶オート ピクチャースタイル▶オート>
17:49 Bible.is_KTWR on 17780kHz with 18dB over, but nothing heard.

2016年6月 6日 (月)

6月6日の受信ログと川越城他

02:00 RRI-Nabire ? on 729kHz w/vy poor under NHK-Nagoya. Female talk and Quran.
02:05 ABC-4QN on 630kHz in English w/poor to fair. "ABC Local Radio Queenslnad" was clearly heard. なんか強い入感でした。https://youtu.be/AfGAGyR8YpE
02:08 ABC-4QD ? on 1548kHz in English w/poor to vy poor.
02:11 R.Bangladesh Betar on 693kHz in Bengali w/poor to fair. Female talk.
02:59 DZRH on 665.925AkHz in Tagalog w/poor to fair. なかなか強いです。
03:00 RRI-Nabire ? on 729kHz in Indonesian w/poor to vy poor.
10:19 Unid in Chinese on 93.6, 95.2, 96.7, 95.0MHz w/poor. 少しEs出てきたようです。
Img_0945_2
今日は東上線に乗って川越駅です。JRと共同の駅舎です。
Img_0919
バスに揺られて10分程。市役所前で降りて5分ほどの所に「川越城中ノ門堀跡」に着きます。
Img_0920

Img_0916
説明書きにあるように敵が西大手門(市役所方面、画面右方向)から攻めて来た際、中ノ門を含む3本の堀を曲折しながら進まなければ本丸(画面左側)に辿り着けない仕組みになっています。もたもたしていると城兵に狙われてしまいます。しかし良く残っていましたね。
Img_0917
白壁に穴が開いていますね。そこから狙ったのですね。
Img_0918

Img_0923
川越城本丸です。今日は生憎と博物館はお休みです。
Img_0925

Img_0929
童謡「とおりゃんせ」は城内にあった三芳野神社を舞台にしたものだといわれている。庶民は気軽に参拝できるものではなく「ご用のないもの通しゃせん」であり、帰りは厳しいチェックが待っていたので「行きはよいよい帰りは怖い」だった。(Wikipediaより)
お参りするルートも長く複雑です。 南大手門から入り → 田郭門 → 富士見櫓を左手に見ながら進み → 天神門 → 三芳野神社(天神さま)へ続く細道を進むのだそう。
Img_0931
本堂は修復工事中でした。
P9200002
2010年9月に行った時の写真がありました。   
Img_0935
わらべ歌発祥の地の碑です。
Img_0937
川越城富士見櫓跡です。
Img_0938
登っても櫓らしい建物はありません。川越城は天守閣が無かったので、ここで見張ったそうです。
Img_0943
喜多院です。天台宗の寺院。川越大師の別名がある。建物はほとんどが重要文化財に指定されている。
Img_0914
あじさいのきれいな季節になって来ました。
20:55 NBC Bougainville on 3325kHz in Pidgin w/fair to poor. フェーディングが少しありますが、良好です。

2016年6月 5日 (日)

6月5日の受信ログと高崎白衣大観音

04:40 TWR Swaziland on 9940kHz in French w/fair. ノイジーですが、良好です。

04:47 Tajik R.1 on 4765kHz w/poor. Local music.
05:01 DYAB on 1512kHz w/vy poor. National Anthemn. 久し振りに聞きました。
今日はJR高崎線高崎駅に到着。
Img_0856
バスに乗って高崎白衣大観音を詣でました。
Img_0860
バス亭近くの売店からの眺めです。高さ41.8mあります。
Img_0869_3
やはり大きいです。見上げていると眩しいです。
Img_0878
Img_0896
慈眼院本堂です。
Img_0891
最上階9Fの踊り場です。観音様の肩部に当たります。
Img_0888
高崎市街方面の景色です。尚胎内拝観は300円です。
Img_0893
後姿は猫背なのか首から上が見えません。
Img_0910
建立した実業家の井上保三郎さんの像と共に。
Img_0902
一瞬確実に置物に見えてしまいます。
Img_0906
ふくろうの「ふくちゃん」です。
Img_0907
決して陶器の人形ではありませんぞ。コミミズクだそうです。
Img_0909
かどや食堂の客寄せ梟です。可愛かったです。
実は行きは新越谷から東武線で伊勢崎まで出て、更に両毛線で高崎に着いたのでした。時間がかかりました。
Img_0850
伊勢崎駅外観です。広くて素晴らしいのですが、周りは閑散としています。
Img_08541
実は初めて乗りました。両毛線です。ダイヤ数が少ないだけで普通の電車です。でもいつも思うのが県庁所在地の前橋は同線にあるのですよね。なのに高崎の方がやはり便利です。

2016年6月 2日 (木)

6月2日の受信ログと漱石公園

04:40 R.Candip Bunia on 5066.39AkHz w/vy poor. 今朝はOTHも健在。

04:43 R.Biafra via Bulgaria ? on 11700kHz in  English w/poor to fair.
04:50 R.Romania Int. on 15450kHz in Spanish w/poor. 弱いです。
今日は東京は新宿区早稲田にある「漱石公園」に行って来ました。
Img_0844_4
東京メトロ東西線の早稲田駅の近く、夏目坂通りを少し下った辺りに夏目漱石誕生の地の碑があります。

Img_0824
更に駅から徒歩10分のところには、漱石公園があります。ここには明治40(1907)年から大正5(1916)年、漱石が亡くなるまで過ごした「漱石山房」がありました。ここで漱石は、「三四郎」「それから」「こころ」といった代表作を執筆しました。面会者の多いので毎週木曜日午後をその日に当て、「木曜会」としました。

Img_0828
漱石胸像の裏側です。草が生い茂り撮影し辛い位置になります。

Img_0829
漱石公園の前景です。左側奥は工事中です。平成29年に新しく生まれ変わるようです。
Img_0831
漱石終焉の地の説明書きです。左側の「猫塚」は、漱石没後遺族が家で飼っていた猫や犬、小鳥の供養塔で、昭和二十八年漱石の命日に復元されたもの。

Img_0832

Img_0834
「道草庵」です。ひっそりと展示物がありました。
Img_0837
漱石の見合い写真はいい感じですね。相手の鏡子さんは実際の奥様でした。
Img_0838
書斎での漱石。このカメラは暗い所の撮影にはほんとに強い。
Img_0841
道草庵の中のスナップです。確かにこれでは寂しい。漱石は名主・夏目小兵衛直克、千枝の末子(五男)として出生。3歳の頃に患った疱瘡は痕が残るほどになった。

« 2016年5月 | トップページ | 2016年7月 »